--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.06 (Sat)

【中南米編vol.3】メキシコ その3

メキシコ人男性はとってもいい匂いがする人が多い。
みんなまつげが眉毛につきそうなほど長く、
おいしいものをいっぱい食べているのかかなりふくよか。

女性は本当に女性らしい体型の方が多く、肉付きの悪い私としてはかなりうらやましい。


そんなメキシコで、少し遠出を。

メキシコシティからバスで数時間のプエブラ、クエルナバカへ。
どちらも一泊ずつ、市内観光&少し離れた遺跡を見に。

プエブラはとても趣のある町で、ホセルイスという20歳の学生に
カテドラル(教会)前で声をかけられ、市内を案内してもらいました☆ 

カテドラル(教会)
プエブラ1
OLYMPUS μ1030SW

プエブラは本当に小さな町で、徒歩圏内で見所は大体押さえられる。
この日は若干雨が降ったりしたので、時々雨宿りをしながらも
夜まで観光に付き合ってくれた。

独りだったらこのきれいな夜景は見れなかったなぁ、とホセルイスに感謝☆

イグレシア(教会)
プエブラ2
OLYMPUS μ1030SW

翌日はホセルイスが9:30に宿に来て、一緒にチョルーラへ行くはずだったが、
あいにくの雨。私はあきらめきれず、ホセルイスを待たずにチョルーラへ。
チョルーラについた頃には雨はさらに激しくなり、しかも
肝心なピラミッドはトンネルが壊れていて見にいけず。。。

仕方なく丘の上にある教会を目指す。
その間雨はさらにさらに激しくなり、とうとう傘がさせないほどの強風に。

チョルーラの丘の上の教会
チョルーラの丘
OLYMPUS μ1030SW

下丘した頃には私はすっかりずぶぬれで、バスで宿に戻って着替え、クエルナバカへ。
なんとクエルナバカへ行くバスターミナルで、ホセルイスが待っていた!!
あぁ、なんて良い人。雨の中ずぶぬれで、私が来るのを待ってくれていたらしい。
バスが出発するまでの間、言葉が通じないので会話はあまりないが
一緒に待って、見送ってくれた。良い人だったなぁ~。


クエルナバカは常春と言われている。
ここならきっと天気も良いに違いない!

そんな期待をしつつ向かったクエルナバカも案の定雨。
あたりまえだよね、バスで3時間程度だもの。
とりあえず宿につくと、とても親切なユースホステルで、
宿泊客が私の分まで夕飯を作ってくれた☆

雨のせいで一時停電となり、そのせいか、
翌朝になってもお湯が出ず、シャワーが浴びられないトラブルもありつつ。。。

でも天気は快晴!

クエルナバカ ソカロ
クエルナバカ1
OLYMPUS μ1030SW

クエルナバカ カテドラル(教会)
クエルナバカ2
OLYMPUS μ1030SW

午前中、クエルナバカの市内観光をし、
午後にソチカルコへ。このソチカルコへ行くのに
バス代をケチってしまい、大渋滞の結果、
クローズの15分前に到着、遺跡を見ることができなかった。。

あぁぁ、私ったら本当にこんなことばっかり。。。

そんなバタバタなまま、どうにかシティに戻ってきました☆
もう週末!月曜にはメキシコを発ちます。
ブラジルはカーニバル目的でまずはリオデジャネイロ。
ビザ発行が出発当日なのでかなり不安が残ります。。

スポンサーサイト
10:05  |  中南米編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://asakoo.blog91.fc2.com/tb.php/19-54a59f2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。