--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.26 (Fri)

【中南米編vol.6】ブラジル その3 オーロプレット

リオデジャネイロから夜行バスでオーロプレットへやってきました。

オーロプレットのお店の窓はとってもおしゃれ☆
オーロプレット1 
OLYMPUS μ1030SW

まるで映画の中にいるような町並み。
教会がたくさんあって、途中でどれがどれだかわからなくなっちゃうくらい。。。

オーロプレットの教会はどれも白に黄色のアクセント☆オーロプレット2 
OLYMPUS μ1030SW

とっても欲張りなので、コンゴーニャスやマリアーナまで足をのばす。

コンゴーニャス
コンゴーニャス
OLYMPUS μ1030SW

マリアーナ(マリアーナの教会も白と黄色。。。)
マリアーナ
OLYMPUS μ1030SW

天気が良いと写真がステキに見えてうれしいっ!

スポンサーサイト
06:27  |  中南米編  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2010.02.18 (Thu)

【中南米編vol.5】ブラジル その2 リオデジャネイロ2

結局一週間以上リオに滞在してしまった~><

カーニバルを2度も見て、サッカーも観戦し、観光はもちろんビーチも堪能、
南米最大のスラム街といわれているRocinha地区のツアーにも参加し、
のんびりしていたわりには多くを経験!

リオの滞在費用は安くはないので、たった一週間でかなりのお金を費やしてしまいました。。

コルゴバードの丘 : ヒトヒトヒト!
コルゴバードの丘
OLYMPUS μ1030SW

ポンジアスーカルのキュートなお猿さん
ポンジアスーカル 
OLYMPUS μ1030SW

カーニバル☆ : 童話の中みたい!
カーニバル1
OLYMPUS μ1030SW

カーニバル☆ : こちらはスパイダーマン
カーニバル2
OLYMPUS μ1030SW 

カーニバル期間中は昼間に道路を封鎖して市民カーニバルも
市民カーニバル 
OLYMPUS μ1030SW 

南米最大のファヴェーラ地区(スラム街) : Rocinhaファヴェーラ1
OLYMPUS μ1030SW 

Rocinhaの電線はこんなことになっちゃってマス。。。ちなみにtax free地区! 税金ナシ☆ファヴェーラ2
OLYMPUS μ1030SW 

マラカナンでサッカー観戦! ゴールが決まりみんなで合唱♪
サッカー
OLYMPUS μ1030SW 

00:38  |  中南米編  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.02.11 (Thu)

【中南米編vol.4】ブラジル その1 リオデジャネイロ

ブラジルビザの申請準備不足により
取得が出発当日になったり、あいかわらずのバタバタぶりですが、
どうにか無事、ブラジル-リオデジャネイロ-に到着しました!

宿は安いといううわさだけを頼りに探し当てた
Hotel Benjamin Constantというところ。

現地の人しか泊まっていないようなひどく寂びれた宿で、
隠れ(?)寂しがりやの私としては、誰かお喋りできる人がほしくてたまりません!

到着した初日は、気温が40℃以上になる酷暑。
federal policeを目指しているという、とても親切な
ブラジル人に市内を案内してもらう。

 

カテドラル(教会)
リオ1
OLYMPUS μ1030SW

彼はとても勉強熱心な男性で、
federal policeになるために2年間、
1日も欠かさず8~10時間近くの勉強をこなし、
今は半年にわたる試験の最中だそう。

この日は彼の法律か何かに関する本が届くまでの間
私の観光に付き合ってくれました☆

 
とにかく暑い日で、リオデジャネイロの市内観光よりも
飲み物や日陰を探していることのほうが多かったくらい。

歴史的な建物のほとんどは今まさに資料研究の最中らしく
ほとんどが一部のみの公開となっていた。残念。

カテドラル(教会)
リオ2
OLYMPUS μ1030SW

翌日は、ビーチを散策♪
コパカバーナ海岸、イパネマ海岸という有名なビーチを見て、
前日の彼オススメのbarra da tuuca海岸(勉強不足のため、読み方わからずすみません)へ。
確かに!コパカバーナやイパネマに比べて、海の青いこと!

リオ3
OLYMPUS μ1030SW

 
イパネマ海岸の先には、(おそらく)シェラトンホテルのプライベートビーチも。
このプライベートビーチ、バスから見えたのだけれど、
海が青く、砂浜は真っ白で、人が少なく、もう最高!
なーんて独り思いながら、バスから見下ろしていただけですが。

barra da tuuca海岸は、このシェラトンより先にあり、
思っていた以上に遠く、帰りはすっかり暗くなってしまいました。。

リオ4
OLYMPUS μ1030SW 

あぁ、でも、独りでビーチにいることがこんなに寂しいなんて。。。

日本を出発して早2週間がたちましたが、
旅はようやく本格的にスタートしたところ☆
メキシコではずーっと友人のりゅーしを頼ってばかりいたので、
この場を借りてお礼を。本当にどうもありがとう!

言葉がまったく通じないブラジルでこれから先やっていけるのか不安ですが、
今のところみんな親切。言葉が通じなくても私が話しかければ、
みんなポルトガル語で答えてくれます。

今週末は待ちに待ったカーニバル!

10:33  |  中南米編  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2010.02.06 (Sat)

【中南米編vol.3】メキシコ その3

メキシコ人男性はとってもいい匂いがする人が多い。
みんなまつげが眉毛につきそうなほど長く、
おいしいものをいっぱい食べているのかかなりふくよか。

女性は本当に女性らしい体型の方が多く、肉付きの悪い私としてはかなりうらやましい。


そんなメキシコで、少し遠出を。

メキシコシティからバスで数時間のプエブラ、クエルナバカへ。
どちらも一泊ずつ、市内観光&少し離れた遺跡を見に。

プエブラはとても趣のある町で、ホセルイスという20歳の学生に
カテドラル(教会)前で声をかけられ、市内を案内してもらいました☆ 

カテドラル(教会)
プエブラ1
OLYMPUS μ1030SW

プエブラは本当に小さな町で、徒歩圏内で見所は大体押さえられる。
この日は若干雨が降ったりしたので、時々雨宿りをしながらも
夜まで観光に付き合ってくれた。

独りだったらこのきれいな夜景は見れなかったなぁ、とホセルイスに感謝☆

イグレシア(教会)
プエブラ2
OLYMPUS μ1030SW

翌日はホセルイスが9:30に宿に来て、一緒にチョルーラへ行くはずだったが、
あいにくの雨。私はあきらめきれず、ホセルイスを待たずにチョルーラへ。
チョルーラについた頃には雨はさらに激しくなり、しかも
肝心なピラミッドはトンネルが壊れていて見にいけず。。。

仕方なく丘の上にある教会を目指す。
その間雨はさらにさらに激しくなり、とうとう傘がさせないほどの強風に。

チョルーラの丘の上の教会
チョルーラの丘
OLYMPUS μ1030SW

下丘した頃には私はすっかりずぶぬれで、バスで宿に戻って着替え、クエルナバカへ。
なんとクエルナバカへ行くバスターミナルで、ホセルイスが待っていた!!
あぁ、なんて良い人。雨の中ずぶぬれで、私が来るのを待ってくれていたらしい。
バスが出発するまでの間、言葉が通じないので会話はあまりないが
一緒に待って、見送ってくれた。良い人だったなぁ~。


クエルナバカは常春と言われている。
ここならきっと天気も良いに違いない!

そんな期待をしつつ向かったクエルナバカも案の定雨。
あたりまえだよね、バスで3時間程度だもの。
とりあえず宿につくと、とても親切なユースホステルで、
宿泊客が私の分まで夕飯を作ってくれた☆

雨のせいで一時停電となり、そのせいか、
翌朝になってもお湯が出ず、シャワーが浴びられないトラブルもありつつ。。。

でも天気は快晴!

クエルナバカ ソカロ
クエルナバカ1
OLYMPUS μ1030SW

クエルナバカ カテドラル(教会)
クエルナバカ2
OLYMPUS μ1030SW

午前中、クエルナバカの市内観光をし、
午後にソチカルコへ。このソチカルコへ行くのに
バス代をケチってしまい、大渋滞の結果、
クローズの15分前に到着、遺跡を見ることができなかった。。

あぁぁ、私ったら本当にこんなことばっかり。。。

そんなバタバタなまま、どうにかシティに戻ってきました☆
もう週末!月曜にはメキシコを発ちます。
ブラジルはカーニバル目的でまずはリオデジャネイロ。
ビザ発行が出発当日なのでかなり不安が残ります。。

10:05  |  中南米編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。