--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.29 (Thu)

【週末編 vol.6】香港

岡山(広島)、台湾では飽き足らず、香港へも飛んでみた
10/16(金)~10/19(月)、3泊4日の一人旅☆

事前に調べた感じでは、香港はアジアンカオス。
真夜中に香港へ到着。急いでバスで市内へ。

安宿ひしめくと噂のチョッキンマンションに向かって歩くと
案の定、客引きが声を掛けてくれた。
このあたりの客引きはインド風の人が多くて驚く。
気付けば日付もかわっていて、初日はダブルHK$150の宿に落ち着くことにした。


翌朝、外をうろついていたらすぐに別の客引きに声をかけてもらえる。
シングル$100で交渉成立し、すぐに宿を移動する。

宿
OLYMPUS μ1030SW

チョッキンマンションは噂違わぬ複雑な構造で、
エレベータ一つ間違えるとホテルに辿りつけない。危ない危ない

お腹がすいたのでフェリーで香港島へ。
フェリーは風情がある。観光客半分というかんじか。
MTRより安いのでうれしい

フェリー
OLYMPUS μ1030SW

屋台風のお店でビーフンをいただいてcat streetへ。
キッチュな雑貨が露店で並んでいると聞いていたけど、う~ん。。。
想像とは違うものの2~3度行ったり来たり。

cat street
OLYMPUS μ1030SW

そこから骨董品通りのハリウッドロードをぷ~らぷら。
毛沢東と、なぜかチェ・ゲバラがところどころに。
ついついチェ・ゲバラ缶を購入してしまった
チェ・ゲバラ、かっこいいんだも~ん

さらにヒルサイド・エスカレーターにも。
映画の撮影に使われたこともあるらしいが、
繁華街から住宅街を結ぶエレベーターがひたすら長く続く。
800mにも及ぶとか。
スタート地点のSOHOからゴールまでずぅ~と歩いて行き、
気付けばあたりは日が暮れ始めていた。

SOHO
OLYMPUS μ1030SW

歩いてPEAK TRAM乗り場へ向かう。
香港の100万ドルの夜景を見に、ケーブルカーに乗り
世界三大夜景のひとつ?ピーク・タワーへ

TRAMに乗るには20分ほど並んだだろうか。
年頃のレディがロンリーに夜景を見るために
長時間並ぶことが、どれだけきまづいか。。。
だけど、TRAMは乗って正解☆オススメ!

かなり急な坂を登る鉄道なので、窓の外には斜めに建つビルが。
その景色になぜかワクワク。

ピークタワーの展望台には大勢の人がいた。
年頃なロンリーレディはあまりいなかったが、
一匹狼くんは結構いたので心強かった

世界三大夜景のひとつといわれるだけあり、
夜景は素晴らしい!空気はくすんでいたけど、
それもかえって夜景を幻想的にしてしまう。

100万ドルの夜景
OLYMPUS μ1030SW

長いこといたが、さすがに混みあってきたので
展望台を降りて、少し低いところから夜景を眺める。
そこで、日本在住アメリカ人の方と知り合い、
下山して外国人の集うランカイフォンを散策。

日本の六本木みたいだね、なんて言いながら
香港のハロウィンモードを楽しむ。

ビルに反射
OLYMPUS μ1030SW

23時を過ぎ、各自宿へ戻ることにして、
私はフェリーでチムサアチョイへ戻った。
夜のフェリーも気持ちいい~

フェリー乗り場
OLYMPUS μ1030SW

 

翌日はゆーっくり昼まで寝て、ストリートマーケットへ向かう。
まずは香港島の食料品マーケットへ。
おいしいものがたべたくってね。

香港名物2階建てバスにも乗った

tram
OLYMPUS μ1030SW

再びフェリーでチムサアチョイへ戻り、女人街へ。
やっぱり香港はショッピング天国なんだなぁ。
女人街は同じような露店がところ狭しとひしめきあい、
お土産さがしには楽しい場所☆

夜店
OLYMPUS μ1030SW

ぷらぷらしているうちにすっかり暗くなっちゃったので、
ディナーにおいしい飲茶をいただき、男人街へ。
テンプル・ストリートと呼ばれるこちらは、
女人街に比べると玩具が多いかも。

結構アダルティなビデオの扱いもあったり、
ガンダム的なロボットが売ってたり、
懐中電灯とか、電気小物が置いてあったり。

さすがに歩き疲れて宿に戻る。


翌朝どうしても太極拳が見たくって5:00に目覚め、
早めに宿をチェックアウトしてエアポート行きバスに
乗る前に公園をぷらつく。
まだ真っ暗で、公園を走る人が数名いるほかは
太極拳をしている気配はない。

結局空港へ行く時間になってしまい、香港では
太極拳を見逃してしまったぁ

3泊4日の香港の旅は、お買いもの三昧だったね

スポンサーサイト
23:48  |  週末編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.20 (Tue)

【週末編 vol.5】台湾

続けまして、10/13(火)~10/15(木)に友人らと4名で2泊3日の台湾へ

現地に18:30に着き、バスでホテルまで連れてってもらうもすでに外は真っ暗。
お腹がペコペコな私たちは、さっそくMRTに乗って夜市へ。
MRTのトークンはコインになっていて、タッチパネルでの購入にワクワク☆

西門(台湾の原宿?)
台湾の原宿
OLYMPUS μ1030SW

MRT
MRT

OLYMPUS μ1030SW

 夜市は期待していたほどのにぎわいではないものの、
ガイドブック片手に食べてみたい料理を見つけては食べ歩く。
初日ということもあり、ちょっぴりびくびくしながらのお散歩。

夜市
OLYMPUS μ1030SW

 

翌朝、太極拳を見に行く予定だったが雨で潔くあきらめる。
事前に情報を得ていた「仇分」へバスで向かう。
バス停で4人して不安そうにしていたら、女の子に話しかけられる。
彼女は香港出身で一人旅中とのことで、香港のオススメスポットなんかを教えてもらっちゃった

バスで1時間以上、『千と千尋の神隠し』のモデルとなったとも言われている「仇分」に到着
バスを降りると少し肌寒い。雨はやんでいたけど、霧がかかっててちょっと幻想的なかんじも。
ふらふらと当てもなくさまよい歩く私たち。
古い家屋を改装したお茶屋さんで2時間もまったりしたり。
にゃんこと数分にらめっこしたり。
おんなじ道を何度も歩いてみたり。

仇分 仇分その2 
OLYMPUS μ1030SW

ゆーったりした空気にすっかり和んだなぁ。

バスからの景色では、とにかく お墓 が気になった。
山の斜面にたつ、割と大きめなお墓たちは色も鮮やか。
沖縄で見るお墓に似ていて、ほとんどが同じ方向を向いている。

台湾のお墓
OLYMPUS μ1030SW

 
台北に戻り時間があるので、パワースポットと名高い「龍山寺」へ。
どうでもいいんだけど、変換すると絶対“流産時”となり、なんとなく縁起悪・・・
お香を購入し、ひとつひとつの仏様?にご挨拶☆
もちろん、旅の無事をひたすら祈ってまいりました。

龍山寺
OLYMPUS μ1030SW

夜は、これまた小籠包が有名な「ティンタイフォン」で
次々とものすごいスピードで出てくる小籠包やらシュウマイやらの数々に
せかされながらのディナー
息つく暇もないほどの早さでお腹がはちきれんばかりに食べた、食べた446
おいしかった~!!


翌朝、あっという間の最終日。
約束の時間に約30分遅れて中正記念堂へ。
そう、太極拳のリベンジで。

公園のあちらこちらで5~10人くらいで集まって、太極拳。
もちろん私たちも見よう見まねで体を動かす。

30分近く見ていただろうか。ちょっと移動してみたら・・・
30人以上は集まっている広場を発見
こちらは女性ばかりがラジオ体操みたいな動きをしている。

太極拳?
OLYMPUS μ1030SW

ここでまた15分くらい、一緒に体を動かしてみる。

でも、お腹がペコペコな私たちはお粥屋さんへ向かう。
このお粥屋さん、ガイドブックに載っていたのだけれど、おいしかった~!!

朝食
OLYMPUS μ1030SW

帰りに再び通った中正記念堂では、まだ女性たちがラジオ体操的な運動をしていた。
今度はむしろダンスに近かったけど。


急いでホテルに戻って、バスで空港へ。
約1時間で空港につき、定番土産のパイナップルケーキを手配。

2泊3日の短い旅だったけど、おいしくて楽しかった~


コンビニで、顔より大きい肉まん?をほおばる少年
コンビニで朝食をとる少年
OLYMPUS μ1030SW 

23:10  |  週末編  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.10.12 (Mon)

【週末編 vol.4】宮島

10/10(土)~10/12(月)、母の実家にあたる岡山へ行ってきた。
祖父母へ会いに行くのが一番の目的だったんだけど、
せっかくだから中日に、世界遺産の厳島神社へ。

厳島神社 
OLYMPUS μ1030SW 

厳島神社のある宮島付近までは母の運転する車で行った。
高速は順調で、宮島のICまではすんなり来ることができた。

宮島IC
OLYMPUS μ1030SW

だけど、一般道に降りたとたんに渋滞で車が進まなくなり、
仕方がないのでどこかのスーパーの駐車場に車を停めて、
そこから路面電車で宮島行きフェリー乗り場へ行くことにした。

この判断は大成功で、どの車もフェリー乗り場の駐車場へ
入りたいがために、渋滞は起こっていたのだった。

宮島行きのフェリーは10分かからずして到着★
フェリーであの有名な赤い鳥居にだんだんと近づいていくと
思わず興奮。写真をズームで構える。
後ほど確認したら、写真ではその臨場感はやっぱり伝わらないのだけれど。

宮島
OLYMPUS μ1030SW

まず、一番驚いたのは・・・宮島の野良鹿!
人が手に持っている紙袋なども食料としてしまうくらい
自由奔放な彼らは、見事なほど野生で、人に慣れている。

自由な鹿さん
OLYMPUS μ1030SW

そんな鹿に驚いているうちに、
あの水に浮かぶように立つ赤い鳥居が目の前に!!
その鳥居の下を、15人くらいが乗ったボートがくぐってゆく。

大鳥居
OLYMPUS μ1030SW

 とても天気のイイ日で、観光客にあふれた厳島神社を参拝した。
潮の香りと、楽しげな声が観光気分を盛り上げてくれる。
鳥居の向こうには、対岸の町の景色が見える。

神社の外には、趣きのある町並み。
高台から宮島を一望して、ぼーっとしてしまう。

宮島の町並み
OLYMPUS μ1030SW

潮がひいていたら大鳥居まで歩けたのかな。
秋の澄んだ空気も気持ちいい、素敵な厳島神社でした。
23:06  |  週末編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.06 (Tue)

【週末編 vol.3】土浦花火大会

土浦花火大会は日本三大花火のひとつらしい。
花火好きな私としては、行かないわけにはいかない!
ということで、茨城県土浦へ行ってきました。

ちなみに、長岡も大曲も行ったことないんだけどね。。
隅田川もTV中継すら見たことないし。


土浦へ向かう電車が超満員で、その時点でちょっと憂鬱に
なりかけるも、上野から1時間で土浦へ到着!近い!

そこからシャトルバス@230円で会場へ。
このバスがまた並ぶ並ぶ!!

会場周辺には屋台が並び、おいしいにおいが立ち込める。
時刻は早くも17:30、場所取りよりも食欲優先!
広島焼きやらチキンやらたこ焼きやらを買って、
国道16号の道路わきに場所を確保。

と同時くらいに花火スタート!

観覧場所の右側からは単発の花火が、
左側からはスターマインが上がる、イイ場所を確保★

20091003_土浦花火大会_1
OLYMPUS μ1030SW



とにかく近い!迫力がすごい!
国道に寝転がり、花火の燃えカスを浴びながら、
約2時間半の花火大会を楽しんだ。

帰りはバスに超長蛇の列だったので、歩いて駅まで向かう。
駅も入場規制がかけられていたが、まぁするっと電車に乗れて
無事帰宅できました。


シャトルバスに並ぶ人々
20091003_土浦花火大会_2
OLYMPUS μ1030SW

土浦駅の入場規制
20091003_土浦花火大会_3
OLYMPUS μ1030SW




秋に見る花火って、涼しくっていいかも~。
00:57  |  週末編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。